上殿を応援する日記

助成金贈呈式・報告会に参加しました。

2013.07.23(火曜日)

アサヒビール株式会社は、
「アサヒスーパードライ」の売り上げの一部を、
自然環境の保護・保全に取り組む団体に寄付する
“アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト”
という事業を、全国で展開しておられます。

CIMG2584

このプロジェクトは、都道府県別に実施され、
第7弾となる、今回、
広島県では、“宮島と広島の海の環境保全活動”に関わる24団体に、助成金として寄付されます。

NPO法人上殿未来会議は、「山ゆりの里づくりプロジェクト」で申請をし、
審査の結果、この助成金事業に参加できることになりました。

昨日、その助成金贈呈式・助成団体活動報告会が行われ、
役員さん2人とともに、出席してきました。

CIMG2593

CIMG2596

今回、活動報告をしたのは3団体。

それぞれ、海岸に打ち寄せられたゴミや、海底に沈んでいるゴミの撤去、また水質調査などの取り組みをしておられます。
ただ、一時的にはきれいになっても、1か月後にはまた新たなゴミでいっぱいになるそうです。

審査委員の先生によると、
「ゴミをなくすには、生活を変えないと無理。」
とのこと。

数十年前まではきれいだった海岸が、なぜ今はゴミでいっぱいなのか。
それは、プラスチック、ビニールなどの化学製品の普及が原因なのだとか。
ゴミを捨てない、出さない、という意識付けも大事だけれど、
それ以上に、ゴミを作らない努力が必要だといいます。
プラスチックで作られているものを、できるだけ木材や天然ゴムなどの有機物製品に変えるとか。
容器での販売をやめ、すべて容器持参のリフィール式にするとか。

目先の利益や利便性にとらわれるのではなく、もっと先を見据えたライフスタイルをしていくことは
ゴミの件だけでなく、すべてにおいて大切なことなのだと思います。

贈呈式のあとの交流会では、
興味深いお話をたくさん伺うことができ、
有意義な時間を過ごすことができました。

初めは、気後れしていましたが、
色んな分野の方にお会いして、お話を伺うことは、
すごくよい経験になります。

これからもこのような機会があれば
できるだけ参加していきたいなと思いました。